引越し業者との交渉術

引越し業者と交渉するときは

各種条件の提示を受けたら、些細なことでも見積もり書に記入してもらうようにしましょう。

営業マンと実際に作業する人は別の人という場合が普通です。
口約束は厳禁です。

ページの先頭に戻ります

引越し代を安くする交渉術

ここでは、私の行った引越し代を安くする交渉術を紹介します。

まず、複数業者に訪問見積りの依頼を行います。
複数の業者に見積り依頼をするには引越大手比較.com引越し比較.comを利用すると簡単・便利に見積り依頼することができます。

そうすると業者の営業さんが、見積りをしにきます。

ちなみに、訪問見積りの日付ですが、見積りをする際は、すべての部屋を見てもらう必要があるので訪問日付を合わせておくと楽かと思います。

見積りをしにきた営業さんに『○○さんとこ以外でも△△社で見積もり取(って)るんですよ』と言っておきましょう。

少しずつ値引きをされると、交渉に時間が掛かり面倒ですので『一発勝負でお願いします』とも言っておきましょう。

見積りをしにきた営業さんは、『今なら好きな時間がおさえられます』などと即決を迫ってきますが、その時は『複数社で見積もりしてるので即決できない』とキッパリ断ります。

各社からの見積りが揃ったら、そこから交渉開始です。

見積りに来た営業さんの人柄や、業者の評判、見積り金額などをもとに、まず2社程度に絞り込みます。

絞り込んだ会社に、電話してもう一度来てもらうようにします。
再び訪問してきた営業さんに『○○社(大手で一番よい条件を出してきた業者)さんは、この条件で○○円にしてくれるって言ってましたよ・・・』と相談します。

そうすると、営業さんは少しでもその条件に近づくように条件提示をしてくるはずです。

我が家の場合、この方法で、当初提示の半額以下、しかも、ダンボール・ガムテープなど欲しいだけという条件で契約することができました。(^^)v

一度お試しください。

ページの先頭に戻ります

ゴミ(廃棄物)の処理

いくら出さないように努力しても、出てしまうのがゴミですよね。
引越し当日に収集日がある場合は別ですが、そんなに都合よくは行かないですよね。

一度、ゴミの処分について引越し業者に、処分ができないか相談してみましょう!

無理な場合は、新居に移転してから捨てるようにしましょう!
もちろんですが、収集日以外に出したり、不法投棄するのは問題外です。

ページの先頭に戻ります

電化製品の取り付け

照明やカーテンの取り付けは以外と手が掛かるものです。

簡単な器具の取り付けなど、引越し時にやってもらえないか交渉してみましょう。

なお、エアコンの設置など工事を伴うものについては、別途有料が普通です。

ページの先頭に戻ります

簡単な清掃をお願いする

照明器具やタンスの裏など、日頃なかなか掃除しにくいですよね。

引越しの作業をする際に、拭いてもらえないか交渉してみましょう。

ページの先頭に戻ります

ダンボールの引き取り

引越しに利用したダンボールの処分ですが、大手では、引き取りサービスをしているところが多いです。

ただ、ほとんどの場合、1回のみの回収また、自社ダンボールのみの引き取りです。

私の経験では、回収は数回に分けて引き取ってもらうと便利ですし、自社以外のダンボールも引き取ってもらうと便利です。一度できないかお願いしてみましょう。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ