引越し代の節約術(全般)

引越しする前は不用品の処分を

引越し代は、引越し先までの距離、家族構成、荷物の量によって決まってきます。
この中で変えることができるのは荷物の量ですよね。

引越し代金を安くするためにも、引越しする前に不要品を処分しましょう!

引越し時は、不用品を処分するにはよい機会です。
特に大きなものは引越し代に大きく関わってきますので、引越しの機会を逃さないようにしましょう。

部屋もすっきりしますし、引越し代金も安くなりますし、お金も貰えますので、非常におトクです。

下記に、不要品を引き取ってくれるサイトを紹介しますのでご覧下さい。

もちろんですが、引越しでなくても利用できます。

ピアノ買取一括査定[無料] ピアノ買取ねっと

株式会社ウェブクルーのピアノ買取ねっとです。

ピアノの移動は、引越し費用にも大きく関わってきますので不要なものがある方は、引越しの機会に処分してしまいましょう。

紹介しているサイトでは、条件を入力するだけで、最大5社からの買取査定を受けることができます。

らくらく買取サービス

株式会社イーブックオフのらくらく買取サービスです。

本、CD、DVD、ゲームソフトを大量に持って見える方。
引越しの機会に不要なものを処分してしまいましょう。

本、CD、DVD、ゲームソフト合せて50点以上であれば買い取ってくれます。

パソコン買取サービス

ソフマップのパソコン買取サービスです。

パソコンなど精密機器は、引越し金額に影響してきますので、不要となったパソコンがある方は、買い取りしてもらいましょう。

ページの先頭に戻ります

業者の選定は複数社で見積りをとってから

引越し業者の選定は、複数の会社から見積りをとってから決めるようにしましょう。

特に業者間の競争が激しい都市部にお住まいの方、または引越しの閑散期に引越しをされる方は、複数社から見積もりを取ることを強くお勧めします。

それは、なぜかと言いますと、引越し業界は業者間での競争が激しいらしく『○○社が○○円ならうちはそれ以下でやりますよ』や『ダンボールなど梱包資材をどんだけでも』などと条件提示をしてくるからです。

その結果、当初見積りより安く、そして条件もよく引越しを行うことができます。

私も、数年前に引越しをしたのですが、その時は、4社(大手3社、その他1社)から、見積りをとりました。

私は、各引越し業者に電話を掛けて、見積もり依頼をしたのですが、最近では、簡単に複数社に見積もり依頼ができるサイトがあります。

簡単に複数の業者に見積もり依頼をしたい方は、下記のサイトをご覧下さい。

引越大手一括見積もり[無料] 引越大手比較.com

株式会社ウェブクルーの引越大手比較.comです。

大手引越業者なら親切・丁寧で安心です。
全国どこでも、長距離の引越しにも対応しています。

アリさんマークの引越社、サカイ引越センター、アーク引越センター、アート引越センター、ハート引越センター、日本通運など大手引越し業者に簡単・手軽に見積り依頼をすることができます。

もちろん料金は無料です。

引越し一括見積もり[無料] 引越し比較.com

株式会社ウェブクルーの引越し比較.comです。

大手から中小業者まで扱ってます。
引越業者60社以上の中から厳選最大8社へ簡単・手軽に見積り依頼をすることができます。
もちろん料金は無料です。

「引越しの達人になろう」「引越し業者サービス比較」「業者別満足度ランキング」など役に立つ情報が満載です。

引越し代を安くする交渉術や引越し業者と交渉しておくと便利なことについては「引越し業者との交渉術」で紹介しています。

ページの先頭に戻ります

引越し情報お役立ちサイト

引越し全般情報(引越し手順、引越し手続き、引越しマナーなど)については、下記サイトの「引越しの達人になろう」 のコーナーが便利です。

引越し一括見積もり[無料]
ページの先頭に戻ります

引越し時の注意事項

引越ししてからすぐ使うものは目立つように

引越ししてからすぐ利用するもの(洗面具・寝具・下着類など)は、1つの箱に入れておきましょう。

できる限り目立つように、目印を付けておくとよいかと思います。

ページの先頭に戻ります

近隣へのご挨拶を

最近は、近所付き合いが少なくなってきていますが、引越しした時ぐらいは、挨拶に伺うようにしましょう。

当日もしくは、2、3日中に近隣や町内の役員さんのところへ挨拶に伺いましょう。(ハンドタオルなど土産品をもって行くといいと思います)

その際に、ゴミの廃棄場所や、町内会の決まりごと確認するようにしましょう。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ