パックツアーの節約術

早めの予約で節約

計画が決まったら早めのに予約をしましょう。

交通機関や宿泊場所の選択範囲も増えますし、早期予約することにより割引が受けられる場合があります。

ページの先頭に戻ります

旅行積立で節約

大手旅行会社では、パックツアーの支払いを目的にした旅行積立が準備されています。

一定期間積立てると、満期時にサービス額をプラスした形で旅行券を受け取ることができます。

低金利のこの時代に1.50%を超える利回りがあり非常にお得です。

パック旅行の支払い目的に積立を行いたい方にはお勧めです。

ただ、利用は積立をした旅行会社に限られる、パックツアー以外の商品が購入できないなどのデメリットがあります。 この点にはご注意ください。

旅行会社積立をいくつか紹介します。

※サービス内容、利率は2013年11月1日現在の情報です。

JTB

たびたびバンク

年利換算で1.75%のサービス額を受け取ることができます。

近畿日本ツーリスト

旅したく

年利換算で1.50%〜2.00%のサービス額を受け取ることができます。

トップツアー
(旧東急観光)

ときめき

年利換算で1.50%〜1.75%のサービス額を受け取ることができます。

日本旅行

ドリームプラン

年利換算で1.50%〜1.75%のサービス額を受け取ることができます。

H.I.S.

貯めチャオ

年利換算で1.60%〜2.45%のサービス額を受け取ることができます。

1993年頃、私が契約していたJTBの旅行積立利息ですが、5.25%(60ヶ月時)もありました。やっぱり低金利時代なんですね。

ページの先頭に戻ります

ネット予約で節約

ネット予約できるパックツアーもあります。

窓口へ行く必要がありませんので、時間や窓口へ行くための交通費等も節約できます。

また、WEB限定商品もありお得です。

ページの先頭に戻ります

旅行代をカードで支払う

旅行代金の支払いはカード払いしましょう。

ポイントが付くだけでなく、旅行傷害保険まで付いているカードもあり、保険代の節約にもなります。

また、各種割引・優待サービスも受けれますので、この点でも節約になります。

ページの先頭に戻ります

割引を上手に利用して節約

生活協同組合や会社と提携していてパックツアー商品の割引が受けられる場合があります。

また、JAFや保険会社、カード会社と提携していて割引を受けられる場合もあります。

ちなみに家族が働いている会社では最大8%の割引が受けられます。

一例は以下のとおりです。

※内容は2013年11月1日現在の情報です。

JAF:日本旅行「赤い風船」が5%割引(割引除外製品あり)となります。

イオンカード会員:約40ブランドの製品が最大6%割引となります。

ページの先頭に戻ります

金券ショップを利用して節約

金券ショップでは、旅行代金の支払いに充当できる各種商品券が販売されています。

商品券の種類および店舗により異なりますが、概ね券面額の98%くらいでの販売です。(1万円のものが9,800円程度)

なお、旅行会社により利用できる商品券が限られていますので、金券ショップで商品券を購入する前に必ず利用可能な商品券を確認するようにしてください。

ページの先頭に戻ります

フリープランを利用して節約

現地での行動が自由なフリープランの商品が数多く発売されています。

個人手配旅行とパックツアーを組み合わせることにより節約できる場合があります。

なお、あくまでもツアー商品のため、乗車の変更やキャンセル時にツアー同様の取扱いとなります。

また、指定時刻以外は乗車不可、一部だけのキャンセル不可等の制約がありますので注意が必要です。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ