宿泊費の節約術

計画が決まったら早めの予約を

計画が決まったら早めのに宿泊の予約をしましょう。

宿泊場所の選択範囲も増えますし、早期予約することにより割引が受けられる場合があります。

ページの先頭に戻ります

支払いはクレジットカード払いで

支払いはクレジットカード払いにしましょう。ポイントが付いたりお得です。なお、現金払いのみとなっているところもありますので注意が必要です。

ほとんどのクレジットカードが対応していますので、新規にカードを作る必要はありません。

お持ちでない方には楽天カードをお勧めします。


ページの先頭に戻ります

宿泊予約サイトの利用

宿泊を予約する場合は宿泊予約サイトを利用しよう。窓口へ行く必要がありませんので、時間や窓口へ行くための交通費等も節約できます。

なお、予約サイトごとに、取扱いの宿、金額、空室情報が異なる場合があります。また、同じ宿泊ホテルでも金額が異なる場合があります。

私がよく利用している宿泊予約サイトは、下記のとおりです。

楽天トラベル

ホテル、旅館、ペンションの予約他、ツアー予約や航空券・レンタカー予約まで可能です。
取扱数が多い、安宿から高級旅館まで扱っているなど、私もよく利用しています。
楽天スーパーポイントも貯まりお得です。

じゃらんnet

取扱数が多い、安宿から高級旅館まで扱っているなど、私もよく利用しています。
こちらも非常に充実しています。

一休.com

一休.comですが、高級なホテル、旅館が多いです。
観光や記念旅行の時に力を発揮すると思います。
他の宿泊施設予約サイトでは紹介されていない、高級ホテル・高級旅館も取扱いがあります。

ページの先頭に戻ります

観光地での宿泊は公共の宿を利用しよう

観光地での宿泊は公共の宿を利用しましょう!

公共の宿にはかんぽの宿や休暇村などがあります。
宿泊料金も食事代も安いですし、立地も景色も良いところが多いです。

日帰り利用も可能な場所もありますので、確認してみてください。

なお、上記以外にもお住まいの自治体が保養所を所有している場合があります。検索サイトで「○○市 市民 保養所」で検索すると探すことができます。

家族旅行で、長野県の安曇野にある豊田市民保養所を利用したのですが、施設・食事ともに非常に充実していました。
夜には、ピアノ演奏会もあり、ちょっぴりしあわせな気分になれました !(^^)!

市民保養所については、開設している自治体に在住か在勤の方しか利用できない場合が多いです。(利用者の中に一人、在住や在勤の方がいればよい場合が多いです)

詳細については、お住まい、または、勤務している市区町村の役所(役場)に、お問い合わせください。

公共の宿の情報は下記のホームページをご覧下さい。

かんぽの宿

ほとんどの宿で天然温泉を楽しむことができます。日帰り利用できる施設もあります。お勧めです。

休暇村

休暇村は、国立・国定公園の中にあり日本を代表するロケーションと豊かな自然に恵まれた場所にあります。雄大な景色を楽しみながらゆっくりしたい方にお勧めです。

ハイツ&いこいの村

宿泊だけでなくスポーツを楽しめる施設も数多く準備されています。楽しみながら泊まりたい方にお勧めです。

KKRホテルズ
&リゾーツ

全国各地にあり旅行や出張に便利です。結婚式ができるホテルもあります。

ページの先頭に戻ります

勤務先の保養施設を利用しよう

勤務先や加入している健康保険組合で、直営の保養施設や契約保養施設を保有していませんか。一度、勤務先の福利厚生担当部署または、健康保険組合に、問い合わせてみてはいかがですか。

私も以前、知り合いが勤めている某大手電機会社の保養施設を利用したことがあるのですが、宿泊・食事とも格安で利用できました。

最近は、経費削減から保養施設の廃止が続いています。その代わりに補助金制度がある場合がありますので、その点もご確認ください。

ページの先頭に戻ります

宿泊代を安く抑えたいのであれば安宿で

とにかく宿泊代を抑えたい、寝れればいいという方には、カプセルホテルや安宿をお勧めします。

安宿には、次のような種類があります。

ホテルタイプ

普通のホテルと一緒ですが、部屋が狭い、洗面所・お風呂が共同などありますが比較的快適に過ごせます。有線・無線のネット環境が完備されたホテルもあります。一部を除き女性の方も利用できます。
楽天トラベルなどネット予約サイトで予約することが可能です。

カプセルホテル

荷物は専用ロッカーに預けて、カプセルタイプの仕切られた部屋で寝るというものです。一部を除き鍵やコンセントはありません。夜の宿泊だけでなく、短時間利用サービスを行っているところもあります。
男性専用というところが結構あります。女性の方は注意が必要です。
楽天トラベルなどネット予約サイトで予約することが可能です。

サウナ

仮眠室を完備したサウナが結構あります。仮眠室ですのでホテルではありません。
男性専用というところが結構あります。女性の方は注意が必要です。

ネットカフェ

荷物は原則壁で仕切られた部屋に持ち込みます。シャワー室完備のところもありますが、時間帯によっては相当な待ちが発生します。防犯や安全面で結構不安があるため、私はほとんど泊まったことはありません。
なお、東京都のネットカフェでは条例により身分証明書の提示が必要です。また、未成年の深夜利用が規制されている場所が結構あります。ご注意ください。


下記のサイトで安宿の情報を得ることができます。是非ご活用ください。

健康ランド・サウナ・カプセルホテル 安宿宿泊のススメ

宿泊可能な健康ランド・サウナ、カプセルホテルの情報が満載です。

私がお勧めするのは、南千住(東京都荒川区)にあるホテルタイプの安宿 ホテル丸忠 CENTRO(チェントロ) (旧:ホテル丸忠) で、1泊3,500円〜宿泊できます。
レディースフロアもあり女性の方も安心して宿泊できます。
早朝にチェックインできるアーリーチェックインプラン(別料金)もあり、夜行バスで到着した後に、宿で少し仮眠してから行動することもできます。
部屋は必要最低限の広さですが、テレビ、エアコン、コンセントもあり非常に快適です。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ