ガソリン代の節約術

ガソリン代をクレジットカード払いして節約

ガソリン代は各ガソリン会社が発行しているクレジットカードで支払いましょう。

各種ガソリン会社では、顧客獲得のために各種サービスの付いたカードを発行しています。

カード支払いにすると通常価格よりガソリン代が割引になったり、利用金額に応じポイントが溜まったりとお得がいっぱいです。

年会費無料や各種サービスが付いていますので、カードを作ってみてはいかがでしょうか?

ページの先頭に戻ります

セルフスタンドを利用してガソリン代を節約

セルフスタンドを利用してガソリン代を節約しましょう。

人件費が抑えられるため、通常のスタンドと比べ、リッター当たり数円お得になっています。

「難しくないのかしら」とか「怖いのでは」と思われている方、意外と簡単にできますよ。

私が利用しているセルフスタンドでの基本的な入れ方は下記のとおりです。

・種別の選択(ハイオク、レギュラー、軽油)
・給油量の指定(満タンか金額かリッターで指定します)
・静電気除去シートに触れて静電気を除去する
・給油口のフタを外す(置き場所がありますので置きます)
・給油ホースを給油口に入れ給油ホースのレバーを握る
・指定量又は満タンになるとレバーが勝手に戻ります
・給油ホースを抜き、給油口のフタを付ける

安全装置等もついていますので、ぜひ一度お試しください。

ただ、年に数件ですが、静電気による発火事故が起きているようです。

給油時はスタンドにある給油方法を必ず読んで安全に入れてくださいね。

ページの先頭に戻ります

通常のスタンドでは簡単な点検を

せっかく店員がいるスタンドに行った場合は、エンジンオイルやタイヤの空気圧など簡単な点検をしてもらいましょう。

タイヤの空気圧が低かったり高かったりした場合は、その場で調整してもらいましょう。

ただし、タイヤ自体の交換やオイルの交換については、ガソリンスタンドよりカー用品店の方が安い場合が多いのでカー用品店での交換をお勧めします。

ページの先頭に戻ります

オイルを定期的に交換してガソリン代を節約

オイルを定期的に交換してガソリン代を節約しましょう。

オイルが汚れてりると、燃費が悪くなりますり、ガソリン代の無駄となります。

定期的にチェックして、ヨゴレていたら交換するようにしましょう。

ページの先頭に戻ります

タイヤの空気圧を適切にしてガソリン代を節約

タイヤの空気圧を適正にしてガソリン代を節約しましょう。

タイヤの空気圧が適正でないと、燃費が悪くなりガソリン代の無駄となります。

ガソリンスタンドやカー用品店に寄ったときはの空気圧をチェックするようにしましょう。

なお、通常道路と高速道路(高速運転)で、適切な空気圧が変わりますので、高速に乗る前に空気圧をチェックするようにしましょう。

ページの先頭に戻ります

アイドリングストップでガソリン代を節約

アイドリングストップでガソリン代を節約しましょう。

待ち時間やコンビニでの買い物の間、エンジンを掛けっぱなしにしていませんか。
このような場合は、できる限りエンジンを停止しましょう。

アイドリングストップで環境にも財布にもやさしくなります。
防犯対策にもなりますよ。

ページの先頭に戻ります

不要なものは積み込まずガソリン代を節約

不要なものを積み込まず、車を軽くしてガソリン代を節約しましょう。

不要なものを積み込んでおくと、車の重量が重くなり、ガソリンを余分に消費します。
できる限り余分なものは積み込まないようにしましょう。

ページの先頭に戻ります

価格の安いスタンドを探して節約

少しでも安くガソリンを入れて節約したいですよね。

全国のガソリン代を調べることのできるサイトがあります。

全国にあるスタンドの金額を知りたい場合は、下記のサイトが便利です。

ガソリン価格比較サイト gogo.gs ガソリン価格比較 gogo.gs

全国のガソリン価格を知ることができます。

安いスタンドが探せる上に、近所のスタンドが安いのか高いのか調べることができます。

特に便利なのは、旅行に行くときです。
自宅付近で給油した方が安いのか、旅先で入れたほうが安いのかを調べることができます。

安いスタンドを調べて少しでも節約するようにしてください。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ