お風呂の水道代節約術

お風呂は続けて入りましょう

お風呂はできる限り続けて入るようにしましょう。
沸き増しや足し湯をしなくて済み、水道代、ガス代の節約につながります。

お風呂はできるだけ家族続けて入浴するようにしましょう。

特に冬場などは、時間を空けて入るとお湯が冷めてしまい、足し湯をしたり、沸かしなおしたりしてガス代が無駄になります。

家族の生活パターンが違う場合は、お風呂にフタをするなどしてお湯が冷めないようにして下さい。

ページの先頭に戻ります

シャワー水の節約

節約の基本は、出しっぱなしにしないことです。

できる限り洗面器に水をため使うようにしましょう。
どうしてもシャワーがいいと言う方には、節水型のシャワーをお勧めします。

そんなに金額も高くありませんので、使って見てはいかがでしょうか。

納得の水圧と驚きの50%節水を実現!!節水シャワーヘッド「助太刀」アダプター型 新型節水シャワーヘッドアリアミスト
ページの先頭に戻ります

全自動給湯機の自動運転ランプに注意

最近は、全自動給湯機能と付いたお風呂が増えてきています。

自動なのはありがたいのですが、水量や保温のために自動に給湯している場合があります。

お風呂に入らないときは、自動給湯機の電源を切るか自動運転を停止すると省エネになります。

ページの先頭に戻ります

お風呂に入る人数が少ない時はシャワーを利用する

夏でお風呂に入る人数が少ない場合は、シャワーの方が節水になる場合があります。

ページの先頭に戻ります

冬は追い炊きで済ます

冬場ですが、毎日浴槽の水を全部入れ替えるのではなく、浴槽の水を半分捨てて追い炊きするようにしています。(2日に1回は全量入れ替えています)

夏場は、水の腐食が早いので毎日入れ替えることをお勧めします。
また、冬場であっても濁ったり、匂いがした場合などは全量入れ替えるようにしてください。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ