水道代の節約術(全般)

お風呂の残り湯を活用して水道代を節約

基本中の基本で実践して見える方も多いのではないでしょうか。

お風呂の残り湯は、洗濯(すすぎは水道水をお勧めします)や水やり、洗車など色々と使えます。

お風呂の水を活用して水道代を節約しましょう。

我が家での残り湯の活用方法ですが、洗濯時は洗濯機に付いているポンプを利用してお風呂の残り湯を洗濯機に取り入れ、洗い+すすぎに利用しています。
※2回すすぎを行う機種なので、1回目は残り湯で、2回目は水道水を利用しています。

あと、残った水をペットボトルに入れて、花の水やりに使っています。

入浴剤を使われている方に注意事項ですが、入浴剤の種類によっては洗濯や水やり、洗車などに使えない場合がありますので、入浴剤の表示を確認してから利用するようにしてください。

ページの先頭に戻ります

節水コマを使用して水道代を節約

節水には、節水コマの利用をお勧めします。

節水コマをつけると、つける前に比べ、水量が最大で約半分になり節水することができます。
家族の協力が得られなくて、水の節約ができないって方に特にお勧めです。

ちなみに節水コマですが、近くの水道局にいけば無料でもらえます。
工具つき節水コマ交換セットもあります。ご利用下さい。(購入は下記より)

工具つき節水コマ交換セット

節水コマの取り付けを行う際は、メータボックス又は節水コマを交換する器具にある止水栓を閉めて、水を止めてから交換するようにしてください。
止水栓を閉めずに交換すると水が噴出し水びたしになります。

【節約メモ】

最近主流になっているレバー式の蛇口には節水コマが使えません。
このような場合は、家族の協力を得てレバーで調整するようにしてくださいね。

ページの先頭に戻ります

車の洗車をするときは

洗車をするときは、ホースではなく、バケツに水をため洗車するようにしましょう。

ごくまれですが、公共の水を利用して洗車をしている人を見かけます。
これは立派な犯罪ですので絶対にやめましょう。

なお、渇水時は車の洗車を控えるようにしましょう。

ページの先頭に戻ります

洗濯は容量に合わせて適量を

洗濯量は多すぎても少なすぎても非効率です。

洗濯機の容量の8割程度を目安にしましょう。

汚れおちにもいいですし、電気代、水道代、洗剤量にもやさしい量みたいです。

ページの先頭に戻ります

雨水を利用して水道代を節約

自然の恵みである雨水。これを使わない手はありませんよね。

やり方は簡単。バケツなどを雨が当たる位置に置いておくだけです。
溜めた水は、花の水やりなどに使うことができます。

ただ、夏場は、ボウフラなどの害虫がわく場合がありますので、長時間保管はせず早めに使いましょう。

少量の木酢液を入れておくと、害虫の発生が少なくなります。
木酢液は、ダイソーなどの100円ショップでも手に入ります。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ