キッチンのガス代節約術

なべの特徴をとらえて上手につかう

一口になべと言っても、熱伝導のよいものや保温効果に優れているものなど色々な種類・材質があります。

鍋の特徴をとらえて上手に調理しましょう。

同じ料理を作る場合でも、ガス代が節約できます。

ページの先頭に戻ります

火は多きすぎず、小さすぎず

火は大きすぎても、小さすぎても効率が悪くなります。

最低限守りたいのは、なべ底から炎がはみ出ない程度の火力にすることです。

あとは、料理の種類にあわせて調整してください。

ページの先頭に戻ります

フタをする

ふたをすると中の温度が上がるのが早くなります。

ページの先頭に戻ります

なべやヤカンの底を拭いてから

なべやヤカンの底が濡れていると熱効率が悪くなります。

底をぞうきんなどで拭いてから、火に掛けるようにしましょう。

ページの先頭に戻ります

ガスコンロはこまめに清掃

バーナーが目詰まりすると、熱効率が悪くなりますので、ガスコンロはこまめに掃除するようにしましょう。

また、不完全燃焼の原因ともなりますのでガスコンロはこまめに掃除するようにしましょう。

ページの先頭に戻ります

お湯を沸かすときは給湯器の水を利用する

給湯器の水からお湯を沸かせば、時間とガス代の双方が節約になります。

ページの先頭に戻ります

給湯器の温度設定はできるだけ低めに

冬場洗いものをする時、給湯の温度を高くしすぎてていませんか。
少しあったかくするだけでもだいぶ違うものです。
温度設定を低めにして消費を抑えましょう。

ゴム手袋を併用するとよりガス代が節約できますので、一度お試し下さい。

ページの先頭に戻ります

煮物の下ごしらえは電子レンジを使って

煮物の下ごしらえは、電子レンジを使って行いましょう。
ガス代の節約になるだけではなく、時間の短縮にもなります。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ