温水洗浄便座の電気代節約術

使わない時はフタをしましょう

トイレを使い終わったらフタをするようにしましょう。
熱が逃げにくくなり、省エネになります。

ページの先頭に戻ります

水温、便座の温度調整を

水温、便座の温度調整をして省エネに心掛けましょう。
低い温度にしておいても結構とあたたかいものです。
もちろんですが、夏場は切にしておくことを忘れずに。

ページの先頭に戻ります

省エネモード活用しよう

温水洗浄便座には、省エネモードが付いたものがあります。
最後の人が省エネボタンを押すなど省エネに心掛けましょう。

ページの先頭に戻ります

夏場は、利用する時だけ電源ONにしましょう

夏場は、便座を温めたり、温水にしたりすることが少ないのではないでしょうか。
温度調節を、弱や切にしておいても、電気を消費してしまいます。

こんな時は、便座にある運転ボタンを操作し、運転を「切」状態にしておきましょう!(運転ボタンがついていない機種もあるようです(-_-))
ウォシュレットなど使いたい時だけ、運転を「入」にする。これで、結構節電できます。

ページの先頭に戻ります

洗面の電気代節約術

準備中

準備中です。

ページの先頭に戻ります
節約&副収入でちょっぴりしあわせ