節約&副収入でちょっぴりしあわせ>不用品で小遣い稼ぎ>オークション活用法>オークションの出品方法
節約&副収入でちょっぴりしあわせ

オークションの出品方法

節約&副収入でちょっぴりしあわせ

ここでは、オークションの出品の仕方について説明します。

私は、Yahoo!オークションを主に使用しているので、Yahoo!オークションを例に説明します。

目次 (クリックすると各項目に移動します)
オークションの出品方法
■出品から落札までの基本的な流れ
商品をオークションに出品する
■Yahoo!オークションへの出品方法 ■商品説明の書き方(記載例・文例)
■最適なカテゴリに出品する ■商品説明の書き方(綺麗な書き方)
■商品詳細を記入する ■開始価格について
■画像の掲載 ■出品したら
■商品タイトルのつけ方
オークションの出品方法
出品から落札までの基本的な流れ

ここでは、オークション出品から落札までの基本的な流れを紹介します。

オークションの基本的な流れは

1.商品を出品する。
2.商品が落札される。
3.落札者に連絡する。
4.入金を確認する。
5.商品を発送する。
6.取引相手の評価をする。

の順になります。

これ以降、順を追って説明していきます。

なお、出品した商品が落札された後(2〜6)の対応については、商品が落札された場合の対応方法で紹介します。

ページの先頭に戻ります
商品をオークションに出品する
Yahoo!オークションへの出品方法

Yahoo!オークションの利用登録が終了したら、Yahoo!トップページでオークションの利用登録したYahoo! JAPAN IDでログインします。

オークションをクリックし、Yahoo!オークションに移動します。

表示された画面(オークションホーム)で、出品するをクリックします。
カテゴリ選択画面が表示されます。

ここで、出品する商品に最適なカテゴリを選択します。
ただ、このカテゴリ選択画面では数百を超えるオークションカテゴリが表示されます。

この画面から最適なカテゴリを探すのって意外と面倒で、難しいんですよね。
次で、最適なカテゴリを簡単に見つける方法を紹介します。

ページの先頭に戻ります
最適なカテゴリに出品する

Yahoo!オークションは、数百のカテゴリに分類されています。

少しでも多くの人に商品を見てもらい、高値で落札してもらうには、最適なカテゴリに出品することが重要です。

誤ったカテゴリに出品すると売れる商品も売れなくなってしまいます。

自分の商品を、どのカテゴリに出品してよいか分からない場合は、オークションホームの画面にあるオークションの検索で自分が出品しようとしている、商品のキ−ワードを入れて検索して見ましょう。

自分が出品しようとしている商品がどのカテゴリに多く出品されているかを調べ、それらと同一カテゴリに出品するとよいかと思います。

同じような商品があったら、その商品の商品詳細を表示し、その画面で出品するをクリックします。
そうすると同じカテゴリに商品を出品することができます。

ページの先頭に戻ります
商品詳細を記入する

出品するをクリックすると、出品画面が表示されますので必要事項を入力します。

まず「以下のカテゴリに出品します」の下に表示されているカテゴリに、間違いがないか確認します。

確認が終わったら、商品の詳細を記入していきます。
詳細については、次以降で紹介します。

ページの先頭に戻ります
画像の掲載

画像の掲載について説明します。

Yahoo!オークションでは、標準で3枚(1枚500KB以内)までの画像を掲載することができます。

文字だけの説明だけでもいいですが、画像があった方が入札する人にも分かりやすく、安心でして入札することができますよね。

特に柄や模様、色などは文字では伝わらないため、画像を載せた方が多くの人に興味を持ってもらうことができます。

というか、洋服やアクセサリなどで画像がなかったら、誰も入札しないですね・・・

電化製品などは型番を伝えれば、メーカのカタログやメータのサイトでも商品の詳細が分かりますが、中古品などで商品の状態を伝えるには、画像を載せた方が、より分かりやすいです。

デジカメを持っている方は、写真を撮って掲載するようにしましょう!
デジカメがない方は、携帯についているカメラでもいいので、商品の写真は載せるようにしましょうね。

※他人の写真や他サイトの写真を転載するのは禁止です。

ページの先頭に戻ります
商品タイトルのつけ方

Yahoo!オークションでは、標準で全角30文字までタイトルを付けることができます。

タイトルは、検索時に重要な要素となりますので、分かりやすく、誤字脱字がないように注意しましょう。また、重要なキーワードは必ず入れるようにしましょう。

例えば「ピンバッジ」を出品する時に、「ピンバッヂ」などとタイトルを付けてしまうと、「ピンバッジ」で検索した際に、検索に引っ掛からなくなってしまいます。

検索に引っ掛からないということは、商品を見てくれる人が少なくなりますので、その分価格にも響いてきます。(落札されない原因にもなります)

少しでも高く売りたい場合は、入札者が興味を持つようなキーワード(【非売品】、【限定商品】、【レア】、【美品】、【送料無料】、【1円スタート】など)をタイトルに入れるとより効果的です。

文字に余裕のある場合は、他の出品者と差をつけるため★や■などの記号を入れるとより効果的です。(あまり入れすぎるとクドイのでほどほどにしましょうね)

ページの先頭に戻ります
商品説明の書き方(記載例・文例)

商品の説明は、できる限り詳しく書きましょう。

私の記載例を紹介します。

新品商品の場合

【商品情報】

○月○日に購入した○○製の商品名(製品型番)です。
新品・未開封です。(取り出した場合はその旨を記載する)
メーカー保障が○月○日まで付いています。
新品・未開封ですので、初期不良以外の返品はお断りします。
なお、箱に流通上で付いたキズ・ヘコミがあります。
神経質な方は入札しないようにお願いします。


中古商品の場合

【商品情報】

○○製の商品名(製品型番)です。
○○年に購入し約○年間使用していました。
動作に問題はありませんが、本体に写真のような塗装剥がれやキズがあります。
この点をご了承の上入札をお願いいたします。

動作確認ができない時はその旨を記載しましょう。
ジャンク品(動作未確認品)としてもよいです。
なお、故障箇所や不具合箇所がある場合は具体的に記載するようにします。


共通で記載していること

【支払金額について】

精密機器のため○○で補強・梱包して送付します。
そのため梱包代として別途(○○円)の負担をお願いいたします。
支払金額は、落札価格+送料+梱包代(○○円)となります。

商品代+送料以外に負担をお願いする場合は記載しています。
なお、消費税の請求(ショップ以外)やシステム利用料を請求する行為は禁止されています。

【送料について】

梱包後の商品は○○cmの大きさ(縦+横+高さ)で、重量○sとなります。
ヤマト運輸の宅急便で送付させていただきます。
送料は、ヤマト運輸のホームページ(http://date.kuronekoyamato.co.jp/date/rk/RKTKJS0010.jsp)で、確認をお願いいたします。なお、発地は○○県となります。

定型外郵便での発送もいたしますが、定型外の場合は、紛失・破損時の補償がありませんのでご了承ください。

送料を調べることができるように記載しています。
宅配会社のURLを記載してあげるとより分かりやすいかと思います。
定型外郵便など料金が分かっているものについては、送料が○○円掛かりますと記載しています

【注意事項】

当方からの連絡後、3日以内にメールの返信ができ、5日以内に振込が可能な方のみ入札をお願いいたします。
上記期間内に取引が完了しない場合、落札者の都合で落札を取り消しさせていただきます。

以前、落札者から1ヶ月近く連絡や振り込みがなくトラブルとなったことから、それ以来記載するようにしています。
期限が定まっているいるものの場合は、特に記載するようにしています。

ページの先頭に戻ります
商品説明の書き方(綺麗な書き方)

Yahoo!オークションでは、商品説明にHTMLタグを利用することができます。
HTMLタグを利用すれば綺麗な商品説明を作ることができます。

例えば、上記の支払金額についての文例で説明しますと、HTMLタグを利用しないと下記のような表示となってしまいます。

【支払金額について】精密機器のため○○で補強・梱包して送付します。そのため梱包代として別途(○○円)の負担をお願いいたします。支払金額は、落札価格+送料+梱包代(○○円)となります。

これに<br>(改行を示すタグ/半角英文字)を入れてみましょう。

書き方は下記のとおりです。

【支払金額について】<br><br>精密機器のため○○で補強・梱包して送付します。<br>そのため梱包代として別途(○○円)の負担をお願いいたします。<br>支払金額は、落札価格+送料+梱包代(○○円)となります。

改行したい部分に<br>と記入するだけです。
上記のように記載すると下記のような表示となります。

【支払金額について】

精密機器のため○○で補強・梱包して送付します。
そのため梱包代として別途(○○円)の負担をお願いいたします。
支払金額は、落札価格+送料+梱包代(○○円)となります。

<br>を入れただけで、より見やすくなったと思います。

商品説明では<br>だけでなく、色々なHTMLダグを入れることができます。

HTMLタグなんか分からない・・・という方も多いかと思いますが、問題ありません!

必要項目を記載すると、簡単に綺麗な商品説明を作成してくれる無料ソフトがあります。

私が利用しているソフトを紹介します。


@即売くん

商品案内が簡単・綺麗に作成できる、オークション出品支援ソフト「@即売くん」です。

ダウンロードして使うタイプのソフトです。
ダウンロードなしに使える「@即売くんWEB」もあります。

@即売くんの他にも入札支援ソフト「瞬札オークション」や「 オークションウォッチャ」もあります。


オークションプレートメーカー

商品案内が簡単・綺麗に作成できる、オークション出品支援ソフト「オークションプレートメーカー」です。

ダウンロードなしで使えるソフトです。

「オークションプレートメーカー」の他にもオークション出品支援ソフト「ヤフオク出品ぽちぽち」もあります。


どちらのソフトも無料で簡単に利用することができます。

先程の説明文をオークションプレートメーカーで作成して見ました。
簡単操作で下記のような説明文を作成することができます。


























【支払金額について】

精密機器のため○○で補強・梱包して送付します。
そのため梱包代として別途(○○円)の負担をお願いいたします。
支払金額は、落札価格+送料+梱包代(○○円)となります。

























↑↑↑ この表は オークション プレート メーカー で作成しました  ↑↑↑ No.001.000

いかがでしょうか。
より見やすく綺麗な商品説明を作成することができたと思います。

商品説明を綺麗に書いたからと言って高く売れるということはありませんが、見た目が綺麗だと、なんか購買意欲が高まるといった感じがします。

ページの先頭に戻ります
開始価格について

開始価格のつけ方について説明します。

開始価格についてですが、最初からあまり高い金額を付けていても落札されません。

逆に1円から開始すると低い金額で落札されてしまう場合があります。

開始価格をどうするか迷った場合はaucfan.com(オークファン)で、過去にどれくらいで落札されているか調べてから出品するとよいかと思います。

私の場合は、人気のある商品の場合は安く、人気のない商品を出品する場合は、他出品者の落札額に近い額(または希望金額)で設定するようにしています。

これは、人気のあるものは、開始価格が安い方が、多くの人に注目・入札してもらえ結果的に高い金額で落札してもらえるからです。
逆に人気のない商品の場合は、入札する人が少ないので安く設定していると、そのままの金額で落札されてしまう場合が多いからです。

【オークション失敗談】

以前、商品を1円で出品したら、そのまま1円で落札されてしまいました。

1円だったので、振込はいいですよと言うことにしました。
結局送料分の切手だけを送ってもらうことに(涙)
システム利用料(10円)は損するし、発送に手間が掛かるしで最悪でした。
最近は、上記で説明したことを実践しているのでそんな失敗はしていません。

ページの先頭に戻ります
出品したら

基本的にメールは毎日確認しましょう

入札しようとしている方から、質問がある場合があります。

Yahoo!オークションの場合、質問があるとYahoo!からメールが届きます。
質問には、基本的に答えるようにしましょう。

なお、何らかの事情(旅行など)で回答できない場合は、その旨商品説明欄に「x月x日まで質問に回答できません」旨の書き込みをするとよいかと思います。

ページの先頭に戻ります
徹底比較
  • オークション VS フリーマーケット(フリマ)
フリーマーケット活用法
オークションの活用法
節約&副収入でちょっぴりしあわせ